さとう式リンパケアとは

◆筋肉をゆるめる事で筋肉の柔軟性と弾力性が回復し、リンパ間質液を循環させるポンプ作用も改善します。それによって身体の歪みが整い、こりや痛みなどの不調の改善が期待されます。リンパ間質液の循環が自然に促されるので、細胞レベルでの代謝が改善し、内側からの体質改善が期待できます。歪みが整う事や体液循環が良くなることで、スタイルアップや肌質改善などの美容面向上も期待できます◆

さとう式リンパケア。

YouTubeの動画、雑誌、テレビなどで見たことのある方もいらっしゃるかもしれません。ご感想は如何でしたでしょうか? 「???」というところでしょうか?

私もはじめは「???」と思いました。ですが、怪しいものでは決してなく、しっかりした理論に基づいています。看護職歴30年の私が太鼓判を押します。私は頭痛だのむくみだのと不調があちこちありますが、その原因や対処法として、すっと腑に落ちたのが、このさとう式リンパケアの理論だったのです。

さとう式リンパケアは、佐藤青児歯科医師が考案した画期的な美容健康法です。人体の発生学や身体の構造、筋肉の性質等に基づいた理論であり、多くの人々が美容や健康を改善・増進させている事で、それを実証していると言えます。

 

Ⅰ. 確かな理論に基づいた、画期的な美容健康法です。

① 細胞間を満たすリンパの流れを促します。

細胞と細胞の間を満たしているリンパ間質液は、細胞に栄養を届け、代謝産物の老廃物を回収しています。つまり、このリンパ間質液が滞りなく循環してはじめて、一つ一つの細胞が生き生きと活動できます。田んぼの中の水のようなものですね。

img_1740

 

 

 

 

 

 

 

用水路(血管やリンパ管)の流れもよくないといけませんが、田んぼの中の水も淀みなく流れていないと、稲(細胞)はダメになってしまいます。

では、どうやればリンパ間質液は循環するのか?

リンパは筋肉のポンプ作用によって循環します。

やっぱり運動?

 

ではありません。

 

② リラックスしてゆるんだ筋肉が、リンパ間質液を循環させます。

筋肉は、緩んで柔らかく膨らんだ状態で、リンパをたっぷり含むことができます。そして、少し動いたり揺れたりするだけで、ポンプ作用を発揮できます。

絞ったタオルを想像してみて下さい。

img_1737

 

 

 

 

 

絞って捻じれて緊張しているタオルは、水分を含めません。

ゆるんで緊張のかかっていないタオルは、水分をたっぷり含めます。

では、筋肉をこのような状態にするにはどうしたらよいか?

揉む? 押す? 引っ張る?

絞ったタオルを揉んでも押しても引っ張っても、却って捻じれや緊張を強くするだけです。

③ 微弱な刺激で筋肉はゆるみます。

筋肉は、やさしく触れたり揺れたりするごく弱い刺激にこそ反応し、ゆるみます。また、全身の筋肉は隣り合ったもの同士連携しているので、一部の筋肉がゆるめば、他の筋肉にも波及していきます。揉んだり押したり引っ張ったりすると、体は緊張するだけです。筋肉は断裂し、再生時にさらに固い筋肉になってしまいます。また、「筋肉をゆるめる」というと、引っ張るとか鍛える事だと思う方が多いです。つまりストレッチや筋トレですが、そうではありません。ふっくらと柔らかくて弾力性があり、本来の筋肉の力を発揮できる状態にすることです。

④ 人体は筒構造です。

口腔、胸腔、腹腔の三つの空間が、歪みのない筒状態になっていれば、体は安定します。

img_1739

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筒が潰れていると、形も悪いし、支えるのに余計な力が要ります。その為、偏ったところに力がかかり、痛みやコリが起きたりします。筒の中に納まっている内臓の働きや、リンパの流れも阻害されてしまいます。したがって、この筒を整える事もとても重要です。普通のペットボトルと、潰したペットボトルを思い浮かべていただければ、分かり易いかと思います。

筒を構成する筋肉が緊張して縮こまると、筒は潰れてしまいますね。この事からも、筋肉をゆるめる事が必要です。

また、例えばしわやたるみ。これも皮膚の問題ではありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

ベッドのマットレスとシーツを思い浮かべて下さい。マットレス(筋肉)が硬くなって縮んでいたり捻じれていたりすると、その上のシーツ(皮膚)をいくらなおしてもきれいになりません。その下のマットレス(筋肉)を、ふんわりと張りのある状態にしてこそ、シーツ(皮膚)もきれいにできるのです。このように、表面に現れている現象だけ見て対処するのではなく、大元の原因に対して対処する事ができるのがさとう式リンパケアなのです。

Ⅱ. 美容と健康の両方に効果

上記からもわかる通り、収縮して緊張している筋肉を緩めれば、リンパの循環も良くなり、潰れていた筒も元通りのきれいな形になります。つまり、健康と美容は関連しており、その両方が共に改善するという事です。特に、誰の目にもわかる美容は、施術中から変化がわかる驚きの即効性があります。敏感な方は、体調が良くなっていくのも施術中から自覚されます。

見た目では、小顔になったりスタイルアップしたりと美容効果が大きいので、それを前面に出したりもしますが、実は大変優れた健康法なのです。肩こりや頭痛、不眠、いらいらなどが、一気に改善する方もおられるほどです。

※疾病の治療ではないので、完全に治るという事ではありません。良い方向、改善に向かうという事です。

Ⅲ. 日頃はセルフケアができます。

毎日毎日、施術を受ける暇など普通はありません。

そこで嬉しいのが、セルフケアがあるという事。

でも、

三日坊主の私には無理・・・。と思われるかもしれません。

 

大丈夫です。

やりたいな~と思った時、思い出した時、ちょっとした隙間時間、寝る前や起きた時にほんの少し・・・。

 

「よし、やるぞー!」と力むのはダメです(笑)

ゆるゆる~っと、心地よいなあ~と思う程度に、なんとな~く。

そんな感じで、力まずに。

「ふにゃあ~」とか「ほあ~」とか「ほえ~」とか言いながら(言わなくてもいいですが、そんな気分で)、だらり~んとやって下さいね。

 

日頃のセルフケア+定期的に施術でメンテナンス

が理想です。日頃セルフケアをやっていると、体の反応がより良くなるので、施術効果も高まります。

何より、さとう式は、何歳であっても、現在どんな状態であっても、自分の力で自分の中に阻害されてしまっている力で、よくなっていけるという希望でもあります。喜びでもあります。可能性でもあります。何らかの理由で自力では何ともできないという方を除き、どなたでも自分自身でより良い状態へと向かっていっていただく理論と方法です。

どうぞセルフケアを楽しみながら行って下さい。

 

さとう式リンパケアホームページはこちら!

文献:2016. Dr.クロワッサンふれるだけリンパケアで病気を防ぐ!

お問い合せ